FC2ブログ

51の手習い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばしの・・・お別れ?

こんにちは。
台風の被害、大きくならないことを願います。


色々と考えることがあり、しばらくの間、ブログお休みする事にしました。



ブログを始めて、視野も広がり、生活の張りにもなっていましたが、体調も含めて今は少しやすみたいかなと思います。


訪問して下さったかた、本当にありがとうございました。



また、復活したときは、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

耳石というものが・・・

こんにちは。
関東地方では早くも梅雨明けしたとか・・・この先の長~い夏を思うと、水不足が心配ですね。


こちらは、ここ数日ジメジメ、蒸し蒸しが続いでおります。体調も・・・よくないです。


今日は、2週間ぶりに耳鼻科に行ってきました。

というのも、ちょうど2週間前に、ひどい回転性のめまいに襲われまして・・・今までもちょいちょいありましたが、今回はひどくて朝になっても治らないので、仕方がなく仕事も休みました。
今回は、トイレに行くのも一苦労、立ち上がるとぐるぐるするので、這って行く始末・・・なんともはや自分が情けなくて・・・


翌日、ふらふらしながら耳鼻科へ・・・聴力検査や血圧などは問題なし。
診断結果は、「良性発作性頭位めまい症」というものでした。
先生の話だと、耳の内耳には、耳石というものがあり、その耳石がなにかのきっかけで、ずれて三半規管に入ることで、めまいが起こるということでした。
治療法は、このずれた耳石をもとの位置に戻るようにする「寝返り体操」というものを、朝晩行い、あとは服薬治療です。

「寝がえり体操」の説明はこちら(画像お借りしました)
15302451940.jpeg

ひたすらこの体操を朝晩続けるだけですが、続ける・・・これが結構しんどいんですけど、またつらい思いもしたくないので、頑張ってます。

やっとめまいも少し治まってきたかなという頃に、母の葬儀も重なったので、正直しんどかったです。
葬儀中に、またひどいめまいに襲われたらどうしよう・・・とか思ってましたが、めまい止めを服薬してなんとかしのいだ!という感じでした。

葬儀も無事に終わることができたので、家に戻ってからは気が抜けてしまい、一段と疲れが出た感じで、今もまだ引きずってますけど(;_;)


めまいは、大事にしすぎるのもよくないらしいので、ふらふらしながらもストレッチやウォーキングをするようにはしていますが、更年期や自律神経も関係するので、自分の体と相談しながら過ごしていくしかないのかなと思ってます。


まあ、ブログを書けるようになったということは、だいぶ復活してきたという証なんでしょう( ´∀` )


いつも訪問ありがとうございます。


ランキングに参加しています。よろしくお願いします。



終わりました。

お久しぶりです。


母の葬儀も滞りなく終わりました。


まだ、実感がわかないというのが本音ですが、これから折につけて感じていくのかなと思います。
今は、ただ無気力状態・・・焦らず現実を受け入れていこうと・・・時間が必要ですね。


仕事も長いこと休んでましたが、久しぶりに出勤しました。
気遣いの言葉をかけてくれたりと、ありがたいことだなあと・・・・


休んでいる間、訪問・コメントくださった方本当にありがとうございます。


いつも訪問ありがとうございます。





お知らせ

昨夜、実家の母が亡くなりました。

しばらく、ブログお休みします。

何をもって・・・

こんにちは。

梅雨空が戻ってきてジメジメした日になりましたね。

久しぶりに図書館へ・・・目についたので、借りてみました。

15290325530.jpeg
この本は、ほぼほぼ漫画本に近いかな・・・たまにコラム・・・みたいな。

題名だけでも、結構パンチがありますが、もともとは作者のK・Kajunskyさんが「yahoo知恵袋」で「家に帰ると妻が死んだふりをしています」の質問を投稿したのが始まり・・・その後大反響になり、ブログに移行し妻との生活を綴ったものです。


2011年に漫画家ichidaさんの漫画と共に書籍化され、6月8日には、榮倉奈々さんと安田顕さん出演で映画も公開されたんですよね~

それにしてもこの妻は、何をもって毎日のように死んだふりをしているのかは謎ですが、そのクオリティーの高さには驚くばかりです。
奥さん曰く単なる「いたずら」との事ですが、毎日続けるパワーとネタ探しの情熱はある意味すごいですよね。
世の中には面白い人がいるものだと改めて思いましたね。

死んだふりなんて、そもそも考えも尽きませんもんね。熊に出くわした時もやるかわからないくらいかなと・・・
毎晩これに付き合わされる夫はどんな風に思っているのでしょうね。


この本は、それ以外の日々の淡々とした夫婦の生活も綴っているので、興味のある方は一読してみてください。



いつも訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。




Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。