Entries

人生ゲーム50年

朝から雨模様、少し涼しくてしのぎやすいです。

こんな天気の日は気持ちが落ち込んでやる気が出ません。
気温が乱高下するので体調も今一つ、何となくめまい気味です。自律神経が少々疲れているのか・・・。



それにしても昨日の日大アメフト部選手の会見、聞いていて胸が痛みましたね。
我が子と同年代の子が、たくさんのメディアの人たちを前に会見するとは、本当に大変なことだと思うとともに、涙を見せることなく、真摯に受け答えをする姿に、このような若者を矢面に立たせた日大は何を考えているのだろうと憤りを感じました。

本来は生徒を守るべき立場にあるはずの教育機関なのに(`o´)・・・今回のことを真摯に受け止め反省してほしいと願わずにはいられません。

会見をした日大選手・・・これからの長い人生・・・人生に無駄なことは一つもないと思うので、この経験もいつか生かされる場面が来ると信じたいです。




話はガラッと変わりまして・・・突然ですが、「人生ゲーム」という盤ゲーム、ご存知でしょうか?
少しの現金と車のみで出発し、仕事や結婚、出産などはすべてルーレットの運次第という、あのゲーム、我が家に来たのは確か私が小学生の時でした。
億万長者になりたくて一喜一憂しながら進み、最後に破産してしまったりと、今考えると小学生がやるゲームとしてはかなりヘビーな内容だったと思います。(でも、このゲームのおかげかお金の勘定は覚えたかも)

22日付けの朝日新聞天声人語によると、この人生ゲームの日本版が発売されて今年で50年だそうです。
私が子供のころ遊んだのはおそらく初代盤・・・その後、我が子たちが小学生になったときに購入して遊んだのは何代目になるのかわかりませんが、世代を超えて楽しませてくれるこのゲーム、いかに世相を映した内容を盛り込むか、製作者は頭を悩ませたとか・・・。

最新版は、「石油ショックで買いだめ」「世界的金融ショックで暴落」など、過去50年間を旅する内容になっているそうです。
自分も人生50年を過ぎましたが、振り返るといろいろなことがありましたけど、このゲームの内容と比べたら、おとなしいもんだなと思ったりしてます(。-_-。)



いつも訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。


スポンサーサイト
*CommentList

誕生日に思う・・・

今日は良い天気で気温も上昇しましたが、新緑の季節にふさわしいさわやかな日になりました。

それにしても気温の乱高下、風邪をひいている人も多いようです。体調には気を付けたいですね。


突然ですが、今日は県外にいる上の子の誕生日です。

特にお祝いをするわけでもなく、「おめでとう」のラインをしたくらいです。
その後、本人とは電話で話をしましたが、「20歳超えると、誕生日もあまりうれしくないよ」とのことで・・・冷めたもんです。
でも、無事に誕生日を迎えられたことはうれしいことだと思います。


思い返せば、出産のときも37時間かかる超難産でした。
新生児の時はとにかく寝ない子で、一日中泣いてばかり・・・抱っこのし過ぎで腕が腱鞘炎になったこともありました。
それからも肺炎で入院したりと、本当に様々なことがありました。

でも、「育児は育自」と言われますが、私の場合もまさしくそれで、子供の成長とともに、自分も少しは成長できたのかなと思います。
これからも、いろいろなことがあると思うけど、健康ですごしてくれればいいかなと・・・

とはいっても、ついつい余計な一言を言っては、「私の人生なんだから自分のやりたいように生きるから」とか言われる始末。
(でも、今までも自分のやりたいように生きてきたと思うけど・・・心の声)


離れて暮らすようになって、お互いに親離れ・子離れはだいぶできたかなとは思っていますが、う~ん・・・なかなか難しいものですね。
まだまだ、修行が足りませんかね~   



枯れたかと思っていたデンマークカクタスの「ニコル」ようやく花が咲きました。
15268840530.jpeg
以前も一度つぼみを付けましたが、開花には至らずに・・・もう花は咲かないかなと思っていたので、とっても嬉しいです(*^_^*)



いつも訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。






*CommentList

笹だんご

この蒸し暑さたまりませんね~ 明日からは少し涼しくなるとか、梅雨の走りなんでしょうか・・・


毎年、梅雨時になると、体がむくみやすくなるというか、手足が痛くてだるくなります。
体内の水のめぐりが滞った感じになるので、マッサージをしたり、歩いたりしてますけど、効果はいま一つ。
何かいい方法はないものかと思ってます。



ところで西城秀樹さんお亡くなりになりましたね。   

私が小学生の頃は、新御三家の時代・・・友達と誰が好きかとよく話していたことを思い出します(ちなみに私は秀樹派でした)
あの、ハスキーボイスが好きでした。


子供に「西城秀樹って知ってる?」と聞いたら、「アニメのちびまる子ちゃんで、まるこのお姉ちゃんが好きだった人だよね」とのこと、「本人が歌っているところは見たことないよ」と・・・
まあ、そうでしょうね~ 思い切りジェネレーションギャップを感じたやりとりでした。


心からご冥福をお祈りします。




昨日、新潟の親戚から送られてきました「笹団子」です。
15265521780.jpeg

毎年この時期に送っていただきますが、もう、笹団子の季節なんだなあ~と、時が過ぎるのは早いものです。
15265521670.jpeg

ヨモギの香りと味がとっても濃くて、青葉の季節を感じさせてくれる一品でした。
おいしくいただきました(* ´ ▽ ` *) ありがとうございます(感謝)



いつも訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。  よろしくお願いします。
*CommentList

24回目

まだ5月だというのに暑い日が続いてます。
暑さに体が慣れていないこの時期は、うまく汗をかけないので熱中症になりやすいそうです。気を付けて過ごしたいものですね。


さて、昨日は24回目の結婚記念日でした。
といっても、特別何もしないのでいつも通りの日常生活を送りました。

さすがに「今日は結婚記念日だね」「そうだね」くらいの会話はしますが・・・。
このいつも通りの日常生活を送れるということが、一番幸せなことなんだろうなと最近特に感じているので、何か特別なことは必要ないかなと思ってます。

とりあえずこれからも健康で過ごせればそれでいいかなと・・・。
でも、来年は25年目の銀婚式・・・・夫には「来年は期待してます」と一応伝えましたけど、きっと何もないでしょうね。


話は変わって・・・昨日「おから」が安かったので、卯の花でも作ろうかなと思い買ってきました。
しかも消費期限が近いので半額!思わずうれしくなり調子に乗ってしまい2パック購入したのが間違いでして・・・
卯の花を作り始めたら1パックでもかなりの量になってしまったので、もうひとパックは別の料理にするしかないかと断念。

「おから」は足が早い・・・今日が消費期限なので何とか使い切る策はないものかとクッ〇パッドを検索・・・ありました、ありました!

「炊飯器で作るおから入りケーキ」なるものが・・・
ホットケーキミックスと、卵、豆乳、おから、砂糖、ヨーグルトを混ぜ合わせたら炊飯器に入れスイッチオンするだけという、ズボラな私でも簡単にできそう!と思いさっそく試してみました。

そして完成したのがこちら
15264308430.jpeg
想像していたよりもしっとりしていて、おから特有のパサパサ感もなくておいしかったです。
炊飯器だとスイッチオンすれば後は、出来上がるのを待つだけなので本当に楽でした。
炊飯器のケーキコースがあればそこを、なければふつうに炊飯コースでOKです。

15264308520.jpeg
おからは、たんぱく質や食物繊維が豊富だし、何よりも安いところもうれしいですよね(*^_^*)
しかも腹持ちが良い・・・
大豆製品なのでイソフラボンもふくまれているので、更年期にも効果あり?かも。


いつも訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。  よろしくお願いします。





*CommentList

本離れ

こんにちは。

昨日はすごい雨でしたけど、天気は回復傾向に・・・またまた庭の雑草が生えてきたのでそろそろ草引きをしなくてはいけないんですけどね~なんだかやる気が起きなくて見ぬふりをしてます。
でも、ますます生えてくるという悪循環・・・除草剤のお世話になろうかと思うこの頃です。




今日はまた昨日読破した本のお話です(マイブーム続いてます)

読んだ本は辻村深月さん著「かがみの孤城」です。
この作品は今年度の本屋大賞を受賞した作品でもあるので、知っている方も多いのでは・・・

上の子が以前から辻村さんの大ファンなので、さっそく購入、ゴールデンウイークに帰省した際に持参したので、私が借りて読んだという・・・(確か前回もこんなことがあったような)

15262706840.jpeg
内容は、中学1年生の「こころ」がある出来事をきっかけに不登校になり、再び登校できるようになるまでの1年間を描いた作品です。

ひたすら自分の部屋に引きこもっていたある日、部屋の鏡が突然光り、鏡の中にはある世界が広がっていて・・・

かなり、ファンタジーの色合いもあるので、ある部分想像力も必要かなとも感じましたが、鏡の中の世界と現実の世界を結びつけることでバランスが取れ、「こころ」の心情や成長がうまく描かれていたように思います。


でも、私個人としては、子供が不登校だった「暗黒時代」の記憶がダブってしまい、読んでいて少々しんどかったですね。
特に、こころと母親とのやりとりや、学校の先生との関係など、自分と我が子の姿を見ているようで、つらかった記憶を思い出してしまって・・・

でも、読み手を引き込んでいく文章力の高さはさすが辻村さんだなあと・・・私も2日で読破しましたからすごいです。


ところで、この本は新書版なのですが、2000円します。
上の子が言うには、「今は、本離れが進んで、本の値段も高くなる一方で、懐具合を見ながら買わなきゃいけないから、読みたい本があっても買えないよ~」とのことでした。

そういえば、少し前までは、新書版1500円くらいだったような気が・・・。
自分はもっぱら図書館派なので、あまりお金はかかりませんが、新作が読みたいと思ったらやっぱりね~お金かかります。

今は、スマホでも本が読めるし、紙の本を購入するよりも安く済みます。
なので、紙の本離れがますます進む・・という悪循環なんでしょうけど、改めて新書版を手に取ってみると紙の本もいいものだなと思います。

この本なども装丁が素敵なので、本を眺めているだけでも豊かな気分になれるというか・・・


最近は、まったく本を読まない学生も多いとか・・・どういう形であれ本を読む機会があるということは貴重なことなのかなと思いました。


いつも訪問ありがとうございます。


ランキングに参加しています。よろしくお願いします。




*CommentList